資料配布一覧(2020年7月現在)

さくらみきのご提供する資料の一覧です

2020年7月現在総ダウンロード数13000件突破!
 
 

【今までメルマガで無料配布した資料一覧】

 
2020年5月まで、特典として下記の資料を配布しておりました

すでに配布は終了しておりますが、また何かの機会に再配布するかもしれません
(セッションのクライアント様には、いつでも無料提供しております)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

★ソナタ形式の曲を分析してみよう
ダウンロード数110件突破!

★ソナチネってなあに?
ダウンロード数210件突破!

★Zoomでオンラインレッスン・困りごと解決編
ダウンロード数200件突破!

★Zoomでオンラインレッスン・PC版
ダウンロード数280件突破!

★Zoomでオンラインレッスン・スマホ版
ダウンロード数380件突破!

★Zoomでオンラインレッスン・指導者用PCでの登録
ダウンロード数400件突破!

★資料ダウンロード1万件突破記念・メール返信例
ダウンロード数180件突破!

★「ピアノの先生が誰にも聞けないお金の話・扶養編」
ダウンロード数1050件突破!

★「ピアノの先生が誰にも聞けないお金の話・確定申告編」
ダウンロード数1100件突破!

★「生徒募集に強くなる!HP内容リスト」
ダウンロード数370件突破!

★「生徒募集に強いブログの作り方」
ダウンロード数390件突破!

★「教室規約内容リスト」
ダウンロード数340件突破!

★「2020年年間予定表」
ダウンロード数280件突破!

★ネット上における個人情報の取り扱いについて
ダウンロード数190件突破!

★災害時及びインフルエンザに関する対応
ダウンロード数210件突破!

★所有楽器の状態・練習環境の確認
ダウンロード数200件突破!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【ホームページからの無料配布・実施中】

年間を通じて、お役立ちシートの無料ダウンロードもやっております

2020年7月現在、下記の資料をご用意しています
不定期で増えていきます。ときどきのぞいてくださいね

 
★「週間レッスン時間」(1週間のレッスン時間割を書き込めるシート)
ダウンロード数280件突破!

★「ピアノ教室の価値を見直すシート」
ダウンロード数240件突破!

★「信念を発掘するシート」
ダウンロード数350件突破!

・生徒募集に強いブログの作り方 |簡易版
ダウンロード数270件突破!

・生徒募集に強いHP内容リスト |簡易版
ダウンロード数230件突破!

・教室規約内容リスト |簡易版
ダウンロード数240件突破!

・心を見つめるピアノレッスン |トライアル版
ダウンロード数190件突破!

・好きなこと・得意なこと発見シート
ダウンロード数140件突破!

・コアのあるピアノ教室・全チェックリスト
ダウンロード数420件突破!

・目標達成の達人 |簡易版
ダウンロード数150件突破!

・買い物リスト
ダウンロード数280件突破!

コア発掘のホームページ内「資料ダウンロード」からダウンロードしてください

 

【ステップメールからダウンロードできる資料】

 
★「あなたの心と体そして大切な家族とのあり方をみつめる」
ダウンロード数670件突破!

★「コア開花手順リスト」
ダウンロード数440件突破!

メルマガ登録をした際、最初に送られてくる7通のステップメールからダウンロードできます

 

【資料販売】

2020年7月現在、下記の2つを販売しております

★生徒募集に強いブログの作り方

★レッスン料を値上げする方法

★心を見つめるピアノレッスン

販売サイトはこちら

※2019年度は売り上げの全額を被災地に寄付いたしました

両資料ともに、トライアル版(無料で数ページ見ることができます)は
コア発掘のホームページにあります
※資料ダウンロードのページからご覧ください

 

今後の配布予定

●メルマガからの配布
メルマガ発行4周年記念プレゼント……2020年8月ごろを予定しています

 
 
●販売予定
storesでの資料販売……ホームページについての資料を準備中です

 
その他、配布期間が終了している資料も、随時再配布をしていきます!
メルマガからどうぞ!

 

ピアノ教室にホームページが必要な3つの理由

ピアノ教室に、ホームページが必要な3つの理由

ピアノの先生のコアを創る!
さくらみきです

今日は、「ピアノ教室にホームページが必要な3つの理由」について書いていきます

それは……

 
  1. あなたのピアノ教室の認知度があがるから

  2. あなた自身の考えを整理することができる

  3. あなたが教えたいコアな生徒があつまりやすくなるから

 
1つずつ解説します

 

1.あなたのピアノ教室の認知度があがるから

 
あるときこんなことがありました

さくらのピアノ教室に体験レッスンに来たお子さんがいたのですが
お母様がこんなことをおっしゃいました

 
「この地域には、さくらピアノ教室しか、ピアノ教室が見つからなかった」
 
この言葉を聞いたとき、不思議に思いました

さくらのピアノ教室の近所には、他にもピアノ教室はたくさんあります

なのにどうして、このお母様は、他のピアノ教室を見つけられなかったのでしょう?

 
それは……

他のピアノ教室が、ホームページを持っていなかったから!
 
でも、ピアノ教室を探す手段は、ホームページだけではないですよね?
学校のお友達に聞いたり、看板をみたり……リアルでも、いくらでもピアノ教室を探す手段はあります

ここで問題になるのは、

「リアルではなく、ネットで習い事を探す人が増えている」
ということ!

地域柄にもよりますが、これからどんどん、その傾向は全国に広がってくるでしょう

もし、あなたの住む地域に、他にホームページを持つピアノ教室が少なければ……ホームページを持つチャンスです!

もし、すでにホームページをお持ちであれば、こまめに更新をして、検索順位を上げる努力をしてくださいね

どちらにしても、内容の質が良いことが最低条件です!

 

2.あなた自身の考えを整理することができる

 
ホームページを作るからには、「内容」を考えて入れていかなければなりません

ひとくちに「内容」といっても、指導方針だったり、指導内容だったり、レッスン料金だったり、イベント内容だったり、体験レッスンの募集だったり……それは多岐にわたります

これをただ、長い文章で書いていくとわかりにくいホームページになってしまいますので、カテゴリーに分けて整理し、要点を絞って提示していかなければなりません

これは、けっこうむずかしいことです

でも、こういう機会でもなければ、ピアノ教室についてまとめる機会は少ないと思います

ホームページ作成をきっかけに、自分の教室に対する考えを整理することができる……
これも、ホームページを作るメリットですね^^

 

3.あなたが教えたいコアな生徒があつまりやすくなるから

 
コアな生徒とは「あなたのやりたいレッスンを受け取ってくれる生徒」のこと!

どんな生徒が「コアな生徒」になるのかは、先生によって違いますので

ホームページをつくる前に、あなたにとっての「コアな生徒」はどんな生徒なのかを考えておきましょう

 
そして、それだけではなく、その生徒が喜ぶ「ウリ」を明確に!

大事なのは、「ピアノを習いたいすべての人が喜ぶウリ」ではなく「コアな生徒が喜ぶウリ」を書いていくことです

リアルで生徒募集をしていた時代は、「通える範囲ならどんな方でもOK」という募集方法が主流でした

そのような募集方法が主流の時代には「ピアノを習いたいすべての人が喜ぶウリ」を宣伝することで、より生徒が集まりやすくなりました

 
  • 料金の安さ
  • ワンレッスンだけでも習える
  • 楽しくレッスンできる
  • ピアノがなくても習える
  • 好きな曲で習える
などですね

ですがインターネットで遠方の方にも、あなたのピアノ教室を認知してもらえる時代……

ホームページ等で「うちの教室のウリはこれです!」を発信していくことによって、「少し遠いけれどコアな生徒」も、あなたの教室を発見し、通ってくれる可能性もでてきました

「ウリ」をはっきり明記したホームページを作ることで、あなたにとっての「コアな生徒」が集まりやすくなったわけです

かなりハッキリ書けば書くほど、集まる人数は少なくても、ばっちりコアな生徒だけが集まるようになります

もう少し人数が欲しい……という場合は、ハードルを少し下げてみます

ホームページの書き方ひとつで、どんな生徒が集まるのか全然違います

この辺りは匙加減ですね(^_-)-☆

 

動画でも配信しています

 
ピアノ教室にホームぺージが必要な3つの理由

いかがでしたか?

同じ内容を動画でも配信しています

動画はメルマガ読者様限定です

メルマガ登録はバナーをクリック!
まずステップメールが7日間届きます
動画は定期メルマガにリンクがあります
定期メルマガは不定期の月曜日に配信しています


 

さくらみきとお話ししませんか?

  • コアを見つけて、今後の方向性を考えたいピアノの先生
  • 生徒が成長しないとお悩みのピアノの先生
さくらと一緒に、今後のピアノ教室のあり方を模索する「Zoomによる90分間の体験セッション」を受けてみませんか?

※体験受講のみでもかまいません
※その後、継続セッションにお申込みいただいた方は、体験セッション料が無料になります

詳細確認・お申し込みはメルマガからどうぞ

 
資料の販売も行っております
売り上げの一部を、被災地に寄付しています
(2019年度は売り上げ全額を寄付いたしました)
販売ページはこちら

 

ピアノ教室 生徒・保護者との信頼関係を築くコツ

ピアノ教室 生徒・保護者との信頼関係を築くコツ

ピアノの先生のコアを創る!
さくらみきです

生徒・保護者との信頼関係を築くコツ

以前の記事で、今ピアノの先生がやっておくべきことのリストをご紹介しました

その筆頭が、「生徒、保護者との信頼関係の構築」だったのですが、ご記憶でしょうか?

今、ピアノの先生がやっておくべきことリスト
  • 生徒、保護者との信頼関係の構築
  • 自身のやりたいレッスンの見直し(コアの発掘)
  • レッスン内容の精査
  • 新たなレッスンの工夫
  • 知識を深める
  • ブログでの発信→コアな生徒に来ていただくためにも……
  • ホームページの開設→すでにお持ちの方は、よりよい内容へ修正
  • 動画のアップロード→必須だと思います
  • オンライン環境を整える(オンライン・レッスン含む)
元の記事はコチラです↓
「ピアノ教室、大・淘汰時代がやってくる!?」

 
「生徒、保護者との信頼関係の構築」
これ、超大事です

以前、こんな新聞記事を見つけました

「わが子の通っているピアノ教室がオンラインレッスンに切り替わったが、音質などの環境が悪い。休会を希望したが半額レッスン料を請求され、納得がいかない」
 
新聞等にピアノ教室関連の悪い話題が出されると、ちょっとドッキリします;

休会中はレッスン料をいただくのか、いただかないのか、どちらが正しいのか?
その答えをここで出すつもりはありません

それはピアノの先生それぞれのお考えでいいと思います

ただし、あらかじめ「合意」を取っておくことが大事

そしてそういう事態になったとき、納得いただけるまできちんとご説明していくことが大事ですよね

それが、「指導者への信頼」につながります

 
  • きちんとした規約もない
  • 規約があっても、あらかじめ合意がない
  • 何かあったときにきちんとした説明もない
そんな状態では、生徒・保護者様の信頼を得ることは難しいです

偉そうに書いてますが、さくら自身も、「信頼関係」に関しては、いろいろ苦い思いや、後悔をしてきました

そんな中、学んだことは

・日ごろの言動に統一感を持たせること(コアを定めておき、簡単に規約をグラグラさせない)

・なんでも「いいですよ~」と安請け合いをして、過剰な期待をさせないこと(大きな期待を裏切られた時が、一番落胆される)

・こちらに非があるときは素直に謝ること

・相手に非があるときは、こちらの配慮不足をお詫びしてから、丁寧に事情を聴くこと

などです

「信頼関係」という目に見えないものは、築くには時間がかかり、失うときは一瞬!

いいレッスン、いい教室運営をするためにも、特に気をつけたいですね
(自戒も含めて書いてみました)

***************************************

ピアノレッスンや教室運営でお困りの方はご相談ください↓

これからのピアノ教室運営やレッスンについて、ひとりでお悩みの方は、さくらがお手伝いします

 

さくらみきとお話ししませんか?

  • コアを見つけて、今後の方向性を考えたいピアノの先生
  • 生徒が成長しないとお悩みのピアノの先生
さくらと一緒に、今後のピアノ教室のあり方を模索する「Zoomによる90分間の体験セッション」を受けてみませんか?

※体験受講のみでもかまいません
※その後、継続セッションにお申込みいただいた方は、体験セッション料が無料になります

詳細確認・お申し込みはメルマガからどうぞ

メルマガご登録はバナーをクリック!(2020年6月より、メルマガと同じ内容を動画でも発信しています。詳しくはメルマガから!)


登録後、まずはステップメールが届きます
定期メルマガは不定期で、月曜日に発行です

資料の販売も行っております
売り上げの一部を、被災地に寄付しています
(2019年度は売り上げ全額を寄付いたしました)
販売ページはこちら

 
 

香川県 O先生・2020年春の体験セッションご感想

香川県 O先生・2020年春の体験セッションご感想

ピアノの先生のコアを創る!
さくらみきです

5月31日をもって、体験セッション料半額キャンペーンは終了しました
体験セッションのみの方、引き続き継続セッションをお申し込みの方、たくさんのピアノの先生のお話しをうかがうことができました

メールでのご報告、ご相談もたくさんいただきました

みなさん、コロナ騒ぎでご自身のお教室の課題が浮き彫りになったり、不安になったり……ぎゃくに、新たな時代に向けてがんばりたい気持ちが湧いてきたりと、まさに十人十色でした
この2か月、たくさんのお話しが聞けてさくら自身も勉強になりました

ありがとうございました!

メルマガからのメール相談、体験セッション半額のお申し込みは終了しましたが、継続セッション自体の空きは、あと1名ございます

6月~7月にかけて、さくらみきのセッションをスタートしたい方は、まずはメルマガにご登録いただき、メルマガ内にあるご案内を参照してください

体験セッションのお申し込みは定期メルマガから! メルマガご登録はバナーをクリック!

ご登録後、ステップメールが7通届きます
体験セッションお申し込みは、月曜日発行の定期メルマガから!



 
さて今日は、体験セッションを受講されたピアノの先生の中から、ご契約が成立した先生のご感想をご紹介いたします

~~~~~~~~~~~~~~

【体験セッションご感想 香川県 O先生】

★ご感想記入日:2020年 5月27 日

 
—体験セッションご感想—

 
■セッション受講前は、どんなことで悩んでいましたか? また、どうなりた
いと思っていましたか?

教室のシステム、指導法を見直し、自信を持ってピアノ教室を運営していきた
いと思っていました。
形にしていくために、行動しようという思いはありましたが、一人では、なか
なか進まないでいたことが悩みでした。

 
■その問題を解決するために、今までどんなことを試しましたか?

指導法のセミナーを受講したり、教室の規約や、カリキュラム表なども
作成しました。教室便りも毎月発行しています。指導法の整理が、十分ではあ
りません。

 
■さくらみきの体験セッション受講の決め手はなんですか? また、受講に際
して不安はありましたか?

ブログを読ませていただき、共感できる部分が多くあったからです。
経験豊富でいらっしゃるので安心感がありました。

 
■体験セッションを受講して、具体的にどんな点がよかったですか?

自分の本心からの声を聞いていただけて、とてもすっきりした気持ちになれま
した。振り返りシートをいただけてとても嬉しかったです。

 
■どんな方に体験セッションをお勧めしたいですか?迷っている方へ一言

教室運営で悩んでおられる先生におすすめしたいです。

 
■最後に、今後の継続セッション受講の抱負をお願いいたしますm(__)m

自分の考えを整理し、形にして発信できるように、していきたいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

まとめ

香川県にお住いの、O先生
明るく、気さくで、初対面とは思えないほどお話が弾み、あっという間の90分でした

O先生は、こんなにできた表にもご興味がおありとのことで、今後、こんなにできた表を参考に、生徒さんに目標を持ってもらえるレッスンをしていきたいとのことでした

さくらも、そんなO先生のレッスンのサポートができればうれしいです(^^)/

四国初のクライアント様の誕生!
実は四国にはまだ行ったことがないのです……

去年、両親と函館に行きましたが、候補の1つが四国でした
コロナが落ち着いたら、ぜひ行ってみたいです^^

お知らせ

ピアノの先生に役立つ資料の販売も行っております
売り上げの一部を、被災地に寄付しています
(2019年度は売り上げ全額を寄付いたしました)
販売ページはこちら

 

ピアノ教室、大・淘汰時代がやってくる!?

新しい時代がやってくる……?

ピアノの先生のコアを創る!
さくらみきです

さくらのステップメール内に、こんな記述があります

(メルマガをご登録くださった方は、ステップメール7通が最初に届きます。未登録の方はコチラから

↓↓↓

—————————

インターネットが普及する前までは「同じ町内でピアノを習いたい人なら誰でもOK」という募集の仕方だったのが、「通える範囲(隣の県でもOK!)で特に○○を目的に習いたい人だけ募集」というようなことが可能になりました

生徒募集可能な範囲が広がったことにより、見込み生徒の総数が増え、自分に合った生徒を集めやすくなったわけです

対面でのピアノレッスンという形が崩れない限り(スカイプ・zoom等でのレッスン、動画レッスンなどがメインにならない限り)1人のピアノ教師が全世界の見込み生徒をひとりじめすることは不可能なので、ご自分の住まわれる地域の中で、ご自分が自信をもってカバーできる生徒数を安定して集めていくことは十分可能です

—————————

この一文を書いたのは2016年ですので、4年前です

ところがコロナ流行により、対面レッスン以外のレッスン方式がクローズアップされました

コロナ以前にも、動画を配信したり、オンラインレッスンを実施している先生はいらっしゃいましたが、コロナ流行により、習う側の意識がオンラインレッスンや動画レッスンに向いた結果……多くの人が気づいてしまいました

「オンラインレッスンや動画レッスンでも、じゅうぶんレッスンは成立する」ということに!!
そうなると、どうなるか……

「オンラインレッスンの環境が整っているピアノの先生のところに、生徒が集中する」

そんな時代がやってくるかもしれません

今まで「近いから」「通いやすいから」で選んでいたピアノの先生選び……

オンラインによって、世界中どこにいる先生にもレッスンを受けられるということになって、「距離」の壁がなくなると、オンライン・レッスンができない教室は淘汰されてしまいかねません

でも、これはオンラインレッスンの環境だけの問題でしょうか?

それは違うと思います

 

大事なことは変わりません

習う人たちは、オンラインでその先生の教え方や知識の広さ、人柄を見て、「この先生に習いたい」と思い、距離を超えてコンタクトを取りに来ると思うんです

よく考えてみたら、本当に大事なのは「指導力」「知識」「人となり」ですよね

冷静になってみると、今までと、大きく変わらないことがわかります

ただ、比較されるフィールドが、「近隣教室」ではなく、「日本全国」あるいは「世界にまで」広がっていく可能性はあります!

想像しただけで恐ろしいですが……

でも、やるべきことは今までと大きく変わりません

指導力を磨き、知識を備え、人間力を鍛え、ネット発信力もつけていく……

ね、今までと同じです

やみくもに不安にならなくて大丈夫です!

まだまだ、そんな時代が来るまでは、猶予はありますし

もしかしたら、対面レッスン中心に、また戻るかもしれないですし
(今回も一定数、対面レッスンを望む生徒がいたことを思うと、世の中全体がオンラインレッスン一色になるには、まだまだ時間がかかると思います)

ただ、今いえるのは、インターネットの発展はまだまだ続くということ

比較フィールドは、じわじわ拡大していくということ

比較フィールドが大きくなればなるほど、その人の個性、そしてコアが大事になっていきます

大勢の中に埋もれないためにも、自分にとって何が大事なのかしっかり見つめて、それを形にして発信していきましょう!

 

新しい時代に、ピアノの先生は何をすべきか

前項では『コロナ流行により対面レッスン以外のレッスン方式がクローズアップされ、ピアノ教室にも新時代が訪れる』と書きました

オンラインによって、世界中どこにいる先生にもレッスンを受けられるようになるからです

今まで「近いから」「通いやすいから」で選ばれていたピアノ教室……その『距離の壁』がなくなると、今まで通りのレッスン、今まで通りの教室経営をしているだけでは、淘汰されかねないと警鐘を鳴らしました

オンライン時代の到来は、イコール、質の良い教室は残り、そうでない教室は淘汰される時代の到来でもあると思います

でも……さくらがこのような話を書いているのは、なにもいたずらにピアノの先生方を恐れさせるのが目的ではないですよ

こんなときだから、恐れず慌てず、落ち着いて足固めをしましょう

周囲の状況も見つつ、自分の状況を分析し、強みを見つけて磨き、足りないところは補強し、発信力をつけていく

やがて押し寄せてくる『大・オンライン時代』に備えて、落ち着いて一歩一歩進んでいきましょう!

では、何をやっていけばいいのか?

いくつかやるべきことを挙げておきますね

 
  • 生徒、保護者との信頼関係の構築→超大事!
  • 自身のやりたいレッスンの見直し(コアの発掘)
  • レッスン内容の精査
  • 新たなレッスンの工夫
  • 知識を深める
  • ブログでの発信→コアな生徒に来ていただくためにも……
  • ホームページの開設→すでにお持ちの方は、よりよい内容へ修正
  • 動画のアップロード→必須だと思います
  • オンライン環境を整える(オンライン・レッスン含む)
 
まだまだありますが、ひとつひとつがすべて大事です!

ご自身に足りないのは何で、伸ばしたい部分はどこなのか……

やらなくてもいいことは何なのか

ぜひ振り返ってみてください

一歩一歩が未来につながっていきます!!

 

さくらも学んでいます

 
ちなみに、さくらが足りないなと最近感じたのが、音楽に関する知識全般

足りないというより、昔学んだことを忘れてしまっている、さらに言うと、昔学んだ知識が古くなっている、ということですね

以前から薄々感じていましたが……コロナで活動量が減ったこともあり、空いた時間で4月から勉強を始めました

具体的に言うと、作曲家のこと、曲のことを始め、ピアニストについて、音楽の形式について、楽語について、奏法について……などなど、ジャンルを決めず、やりたいと思ったことをすべてランダムに調べてノートにまとめてます

今、さくらの教室では、ショパンを弾いている生徒が複数いるので、さくらが勉強したことを、わかりやすく、少しずつ教えてあげられたらと思っています

個人的に、いまブームなのが「ショパンのノクターン」です
弾くのも聴くのも好きですが、特に生徒が今、2番、9番、20番をやっていて、いろいろなピアニストの演奏を聴き比べてもらったり、ノクターンが作曲された背景を知ってもらったりと、さっそく役立ってます^^

学んだことが即、レッスンで活かせるのって楽しいです(^^)/

 

それでもお困りの方はご相談ください

これからのピアノ教室運営やレッスンについて、ひとりでお悩みの方は、さくらがお手伝いします↓

【体験セッション募集中】
  • コアを見つけて、今後の方向性を考えたいピアノの先生
  • 生徒が成長しないとお悩みのピアノの先生
さくらと一緒に、今後のピアノ教室のあり方を模索する「Zoomによる90分間の体験セッション」を受けてみませんか?

※体験受講のみでもかまいません
※その後、継続セッションにお申込みいただいた方は、体験セッション料が無料になります

詳細確認・お申し込みはメルマガからどうぞ

 

プレゼント祭り、ありがとうございました

  • 資料ダウンロード1万件突破
  • コア発掘ホームページ開設1周年
  • メルマガ300号発行
 
上記の3つを記念して4月頭より、メルマガ上にて行ってきた「プレゼント祭り」を
5月31日をもって終了させていただきました

期間中、以下の資料を配布しました↓

★ソナチネってなあに?
ダウンロード数200件突破

★ソナタ形式の曲を分析してみよう
ダウンロード数100件突破

★Zoom関係・指導者向け資料
ダウンロード数400件突破

★Zoom関係・生徒向け資料スマホ版
ダウンロード数370件突破

★Zoom関係・生徒向け資料PC版
ダウンロード数280件突破

★Zoomレッスンの困りごと解決
ダウンロード数200件突破

★新規生徒を逃がさない!お問い合わせ・メール返信の極意
ダウンロード数180件突破

たくさんのダウンロードをありがとうございました

次回のプレゼント祭りは、メルマガ発行4周年記念(8月末)の予定です

メルマガご登録はバナーをクリック!
登録後、まずはステップメールが届きます
定期メルマガはおおおよそ月3~4回、月曜日に発行です



資料の販売も行っております
売り上げの一部を、被災地に寄付しています
(2019年度は売り上げ全額を寄付いたしました)
販売ページはこちら

 

行動する・しあわせ力アップの法則・第21回

ピアノの先生のための・しあわせ力アップの法則

ピアノの先生のコアを創る!
さくらみきです

毎週金曜日の更新(を目指している)しあわせ力アップの法則
今日は第21回です

 

しあわせ力アップの法則・21『行動する』

 
「最近、からだがなまってるな~」と思ったら、歩いてみる

「あの人の行こういうところが嫌い」と思ったら、自分がいいと思ったことをやり続ける

「本物やいいもの」はPCやipadからは出てこない。出向いて、自分から取りに行く
「気持ちの良い言葉」は聞くだけでも勇気が出るけれど、実際やってみることによって初めて、自分のものになる

百聞は一見にしかず

百見は一考にしかず

百考は一行にしかず

「行動」し「経験」したことは、そのひとの財産になる!

今はコロナで外に出るのは難しいかもしれないけれど

家の中でできる「行動」もあるよね!

 
生徒募集やレッスンでお悩みのピアノの先生対象のコーチングを11年間で1200回以上実施。本当に教えたい生徒が集まる仕組みを一緒に作りませんか?あなたのレッスンと教室運営・生徒募集・ホームページ作成を丸ごとサポートします。

さくらみきのサポートを受けたい方は、まずはメルマガをお受け取りください

メルマガ登録はバナーをクリック!
まずステップメールが届き、その後おおよそ毎週月曜日に定期メルマガが届きます


 
資料の販売も行っております
売り上げの一部を、被災地に寄付しています
(2019年度は売り上げ全額を寄付いたしました)
販売ページはこちら

 

レッスンや生徒募集のハードルを下げないで!

こんな事態でも、まずはコアが大事

ピアノの先生のコアを創る!
さくらみきです

前回の記事で「コロナ騒ぎで弱気にならないで!」という内容を書きました

こういう事態になると不安が募り、つい、募集のハードルを下げたり、生徒・保護者への要求が弱気になりがち

でも、だからこそ、コアが大事なんです!

 

マイナス思考のワナ

こういうときには、「習う側のニーズにこたえないと生徒が集まらない」……というマイナス思考が加速しがちになります

習う側のニーズとは

・近い教室がいい
・レッスン料が安いほうがいい
・振替をしてくれる教室がいい
・楽しくレッスンしてくれる先生がいい
・電子ピアノでもレッスンしてくれる先生がいい
・好きな曲を弾かせてくれる先生がいい
・子どもが自分から練習するように導いてくれる先生がいい
・練習しなくても上達させてくれる先生がいい

のようなことですね

これらがすべて悪いとは言いませんが、ピアノの先生的には「???」というものも含まれます

弱気になり、生徒側のニーズをすべてくみ取った教室づくりをした場合どうなるのか……
もしかしたら生徒はたくさん集まるかもしれませんが、考え方も取り組み方も大きく違う大勢の生徒(保護者)の要求にこたえることに、全精力を使い果たしてしまう……そんな状況になることも考えられます!

日々、それで乗り切れたとしても、コロナ騒ぎのような非常時に、困った事態が加速します!

「使い勝手の良さ」に惹かれて集まってきた生徒は、「自分の事情が変わると」あっさり離れていきます

今回のコロナ騒ぎで、退会の嵐に見舞われたり、オンラインレッスンを提案したものの断られ、休会続出になってしまい、涙を流されたピアノの先生、多いです!

もし、ピアノの先生や教室にコアがあったなら……

習う側にも事情があるとしても、少なくとも潮が引くように生徒が離れていくような事態には、ならなかったのではないでしょうか

ここで、コアのあるピアノ教室と、コアのないピアノ教室を比較してみますね

 

コアのあるピアノ教室とコアのないピアノ教室・比較

まずは、コアのあるピアノ教室の場合
 
  1. コアのあるピアノ教室は、まず「先生自身の目線」でレッスンや教室のことを考えます(本当にやりたいレッスンを突き詰め、それに対しての勉強は怠らない! 生徒にとって本当にいいと思うことは妥協せずハッキリと示す)
  2. そうやってできた「教室」には、それに賛同する生徒(保護者)、しかも先生を信頼して任せてくれる方が集まります
  3. 賛同者が集まるので、ふだんのレッスンや教室運営がやりやすくなります。レッスンだけに集中できるので、レッスンの質がさらにあがり、生徒にもいい影響を与えます
  4. 非常時には、生徒(保護者)の温かな言葉に助けてもらえます
 
コアのないピアノ教室の場合
 
  1. コアのないピアノ教室は、「生徒(保護者)目線」でレッスンや教室のことを考えます(こうすれば生徒が来てくれるかな~)
  2. 生徒目線で考えられた「教室」には、自分の都合を優先する生徒(保護者)が集まります
  3. 自分の都合を優先する生徒(保護者)が集まるので、仮に指導方針に賛同していただいていても、相手に主導権を握られる可能性があります
  4. 相手に主導権を握られることで、生徒都合での要求に振り回され、レッスンに集中できない・運営がうまくいかない状況になることも!
いかがでしょう?

 

コアのあるピアノ教室が受ける恩恵

 
たしかに先生目線でレッスンや教室を考えると、生徒の数は集まりにくくなるかもしれません

ですが、長い目で見ると、運営もしやすいですし、レッスンの質もあがりやすいんです

指導や運営面に絶大な信頼を置いていただけると、例えば今回のようなコロナ騒ぎでさまざまな対応を迫られる局面でも

「〇〇は無理なのでできません」ではなく「〇〇は難しそうですが、どうやったらできるのか方法を模索してみます」という方向に進んでいきます

50人、100人の生徒は集まらなくても、20人、30人の「信頼してくれる生徒」に囲まれ、やりたいレッスンを実現することができます

それは何も、先生のためだけではありません

先生がレッスンに集中できて、レッスンの質も上がっていくと、一番恩恵を受けるのは生徒です

つまり、コアのあるピアノ教室では、生徒・保護者とウィンウィンの関係を築くことができるんです

「やりたいレッスン」「ほしい生徒」は先生によって違います

ぜひ「コア」を発掘して、「先生目線での教室づくり」を目指してください!

(もちろん、先生自身が勉強を怠らず、来てくださった生徒には誠心誠意レッスンをすることが大前提ですよね)

 

コアが欲しい!というピアノの先生

こういうときにもグラグラしない「コア」が欲しい方
生徒募集やレッスンでお悩みのピアノの先生対象のコーチングを11年間で1200回以上実施。本当に教えたい生徒が集まる仕組みを一緒に作りませんか?あなたのレッスンと教室運営・生徒募集・ホームページ作成を丸ごとサポートします。

さくらみきのサポートを受けたい方は、まずはメルマガをお受け取りください

メルマガ登録はバナーをクリック!
まずステップメールが届き、その後おおよそ毎週月曜日に定期メルマガが届きます



資料の販売も行っております
売り上げの一部を、被災地に寄付しています
(2019年度は売り上げ全額を寄付いたしました)
販売ページはこちら

 

『感じる』・しあわせ力アップの法則・第20回

ピアノの先生のための・しあわせ力アップの法則

ピアノの先生のコアを創る!
さくらみきです

毎週金曜日の更新(を目指している)しあわせ力アップの法則
今日は第20回です

 

しあわせ力アップの法則・20『感じる』

 
香り・匂いを感じる……葉や、花や、木々の匂いを楽しむ。庭に出たり、散歩したり。アロマ、ハーブティなどで好きな香りを感じる。深呼吸で新鮮な空気を感じる。

目で見て感じる……生き物を見る。草花を見る

触って感じる……感触を味わう。自然のものに触れる。砂・泥、雨、水などに触れるのもいい。

聞いて感じる……自然の音に耳を澄ます

人工的に作られた「香り」「もの」「音」を、一時遮断していき、自然のものを味わい・感じる時間を持つことで、心が落ち着き、しあわせ力がアップします^^

デジタル機器で疲れた頭と心を癒す効果もあり!

一日数分でも取り入れてみませんか?

 
さくらのお気に入りは「朝の音」

鳥のさえずり

少しずつ聞こえてくる生活音

葉擦れの音……

いいね!

 
生徒募集やレッスンでお悩みのピアノの先生対象のコーチングを11年間で1200回以上実施。本当に教えたい生徒が集まる仕組みを一緒に作りませんか?あなたのレッスンと教室運営・生徒募集・ホームページ作成を丸ごとサポートします。

さくらみきのサポートを受けたい方は、まずはメルマガをお受け取りください

メルマガ登録はバナーをクリック!
まずステップメールが届き、その後おおよそ毎週月曜日に定期メルマガが届きます



資料の販売も行っております
売り上げの一部を、被災地に寄付しています
(2019年度は売り上げ全額を寄付いたしました)
販売ページはこちら

 

コロナ騒ぎで弱気になっていませんか?

こんな時だからこそ、コアが大事!

ピアノの先生のコアを創る!
さくらみきです

 

かつてない事態で大打撃

コロナウイルス流行により、ピアノ教室が大打撃を受けています
さくらのところにも、メルマガを通じて、ピアノの先生からたくさんの「お声」が寄せられました

大幅に収入が減ってしまった先生もいらっしゃるようです
生徒募集どころではないし、レッスンどころじゃない先生もいらっしゃると思います

こんなときって、なにかと不安になりますよね
不安な時、人は何かをしないといけない気持ちになり、動きが多くなります

そういう時に考えることは、「弱気」になりがちです

このままじゃピアノ教室がたちいかない(不安・不安)
→生徒を集めるためには(退会を防ぐには)、レッスン料を値下げしなきゃ!
→体験に来てくれる生徒は、どんな生徒でも受けなきゃ
→こちらの気持ちよりも、生徒の事情優先!

こんな感じになりがち!

ストップ!!
今の状態は平常ではありません
非常時といってもいいでしょう

そういうときには、むやみに動かない(決めたことをむやみに変えない)ことが大事!

心は動いても、「こと」は動かさないで!

確かに、こういうときに、さっと動ける方もいらっしゃいます

レッスンをオンラインに切り替えたり、新しいレッスン料体系やレッスンの方法を作り出して実施したり……

そういうことがさらっとできる方も、中にはいらっしゃいます
もともと「コア」がしっかりしていて、フットワークもよい先生ですね

ですが、そういう方は一部!

「不安」「迷い」の中で、何かを慌てて変えてしまうと、それはマイナスになります!

グッとおなかに力を入れて、深呼吸をして、まずは落ち着きましょう

一度「お手軽」に変えてしまったものを、元に戻すことは難しいです

ここが踏ん張り時!

 
 

こういうときにもグラグラしない「コア」が欲しい方

生徒募集やレッスンでお悩みのピアノの先生対象のコーチングを11年間で1200回以上実施。本当に教えたい生徒が集まる仕組みを一緒に作りませんか?あなたのレッスンと教室運営・生徒募集・ホームページ作成を丸ごとサポートします。

さくらみきのサポートを受けたい方は、まずはメルマガをお受け取りください

メルマガ登録はバナーをクリック!
まずステップメールが届き、その後おおよそ毎週月曜日に定期メルマガが届きます



資料の販売も行っております
売り上げの一部を、被災地に寄付しています
(2019年度は売り上げ全額を寄付いたしました)
販売ページはこちら

 

好奇心を持とう・しあわせ力アップの法則・第19回

ピアノの先生のための・しあわせ力アップの法則

ピアノの先生のコアを創る!
さくらみきです

毎週金曜日の更新(を目指している)しあわせ力アップの法則
今日は第19回です

 

しあわせ力アップの法則・19『好奇心を持とう』

 
クライアントさんから伺ったのですが、100歳を超えてもチャーミングなおばあちゃまがいらっしゃるそうです。

そのコツは3つ!

 

1.何でもおもしろがること!

いつも笑顔で、好奇心旺盛、感動屋さん
そして、あくなき知識への欲求を持っている……

なんで?
どうなってるの?
へえ、すごい!
おもしろ~い!

私もそんなおばあちゃまになりたいです(*^_^*)

 
 

2.自分が楽しむだけでなく、「人のために何ができるか、常に考える」こと

 
自分の持てるものを活かして、惜しみなく人に貢献する
たとえ自分が何も持っていなくても、ただそこにいるだけで、人を勇気づけ、明るい気持ちにさせる

究極の「しあわせさん」ですね^^

 

3.マメに動くこと

 
いつまでもチャーミングで若々しい方は、みなさんとても、フットワークが軽いのです

「やりたい」と「やる」の間に、隔たりがないんですね

「やりたいとは思っているんだけど……ムリ」
「やらなくちゃと思っているんだけど……めんどうで」
「頭ではわかっているんだけど……わかることとできることは違うよね」

そう言い分けしているアナタ! 特に、まだまだ若いアナタ!(50代、60代はまだまだ若い!!)

もっとマメに動こうよ!
深く考えず、「面白そう」って、なんでも飛び込んでみようよ
自分を活かそうよ!

役立てようよ!

めざせ!100歳になっても元気! 100歳越えてもチャーミング!

 

欲しい生徒を集めませんか?

 
生徒募集やレッスンでお悩みのピアノの先生対象のコーチングを11年間で1200回以上実施。本当に教えたい生徒が集まる仕組みを一緒に作りませんか?あなたのレッスンと教室運営・生徒募集・ホームページ作成を丸ごとサポートします。

さくらみきのサポートを受けたい方は、まずはメルマガをお受け取りください

メルマガ登録はバナーをクリック!
まずステップメールが届き、その後おおよそ毎週月曜日に定期メルマガが届きます



資料の販売も行っております
売り上げの一部を、被災地に寄付しています
(2019年度は売り上げ全額を寄付いたしました)
販売ページはこちら