iPad付属の「i movie」を使って、写真を並べた「スライド動画」を作ろう!

「i movie」は最強!

ホームページやブログに載せる「動画」を作成する方法はいろいろありますが
さくらが愛用しているのは「i movie」!

↓下記の左上のアイコンが「i movie」です(iPhoneの画面ですがiPadでも同じアイコンです)

 
 
無料なのに広告も入らず、アプリ内課金もない!
最低限の機能はそろっている!

素晴らしい動画編集アプリです^^

↓編集画面はこんな感じ

 
 
この「i movie」で、お好きな写真を数枚並べてキャプションと音楽をつけるだけで、こんな「スライド動画」を作ることができます↓


動画作りました!

デジタル苦手なピアノの先生に向けて
いろいろな動画も作りました!

ぜひ参考にしてくださいね







その他にも多数動画あります!
YouTubeチャンネルからどうぞ!

YouTubeチャンネルはバナーをクリック
YouTubeチャンネルはバナーをクリック

 

この状況でコアを絞っても大丈夫?

この状況でコアを絞っても大丈夫?

新年のご挨拶

2021年明けましておめでとうございます
昨年はかつてない事態で、大変な一年になりましたね

今年もまだまだ予断を許さない状況ですが、音楽の力を信じて
ふんばりましょう!

そのためには、自分を信じる心が大切!
今日は新年の挨拶もかねて、さくらの考えをお伝えします

 

この状況で、コアを絞っても大丈夫?

コロナウイルス流行により、ピアノを習いたい絶対数が減ってきていることは確かです

社会が不安定になると、芸術系よりも、より実用的な習い事(塾や英語、プログラミングなど)への需要がたかまるからです

さくらは常日頃、教えたい生徒を絞って発信しよう!と言っていますが、、、
こんな状況下で、コアを絞っても大丈夫なの?と疑問に思われるかもしれません。

絶対数が減ったなら、「誰でもお気軽にどうぞ」というふうに、幅広く募集をかけた方が安全ではないかと、、、

でも、よく考えてみてください。
こんな時代にあえてピアノを習いたいという人は、よほど音楽やピアノに何かを求めている人です

何か習い事したいなーとか、子どもに何かさせたいけど何がいいかなーーなど、ぼんやりと何かを習いたいという方は、かえって減っているでしょう

だからこそ、教えたい生徒=コアを絞っても大丈夫!
むしろ絞った方がいいです

その理由は、、、絞ることによって、発信内容が濃くなり、読んでくれた方に突き刺さりやすくなるから

幅広い相手に発信すると、その内容はあちこちに飛びがちになります

教えたい生徒を絞れば、発信内容も絞られ、その分濃い内容を書くことができます

ですので、ピアノに何かを求めて探している方の心を、よりつかめるわけです

濃い方の心をグッとつかむような募集の仕方や、普段の発信の仕方に気を使いましょう!

 

準備万端ですか?

 
まもなく春の生徒募集シーズンに入ります
早い方は、そろそろブログやYouTube等で発信を始める頃ですね

1月は下準備をすることをお勧めします
そのうちの一つが、ブログネタのストックです

1月は「生徒募集のためのブログ内容とは?」を中心に、YouTubeで動画をアップしていきます

コア発掘YouTubeチャンネルに注目してね

YouTubeチャンネルはバナーをクリック
YouTubeチャンネルはバナーをクリック

 
2021年もさくらみきの「コア発掘」をよろしくお願いします

 

~さくらみきコンテンツ一覧~

★さくらから定期的に情報を受け取りたい方は、メールマガジンにご登録ください

登録後、7通のステップメールが届きます。定期メルマガは月に1~2回のペースで発行しています

★さくらみきと「コア発掘」に関する情報をまとまった形で見たい方は、コア発掘ホームページへ

 
★さくらみきの執筆物をもっと読みたい方は→ピアノの先生お役立ち資料販売、storesストアズへ(毎年売り上げを被災地等に寄付しております))

 
 

正直に生きる・しあわせ力アップの法則・第25回

正直に生きる・しあわせ力アップの法則・第25回

ピアノの先生のコアを創る!
さくらみきです

 
相手を気づかうウソ(本当のことを言うと角が立つかも……)
隠すためのウソ(ばれたらヤバい! 気まずい!)
虚像をみせるためのウソ(自分や、自分の身近なものを、大きく見せたい!)

そんなうそをついてしまったとき
取り繕うには、案外気力をつかうもの
時には何年、何十年と、その気苦労は続く……

それを考えたら、正直に生きたほうがラク
一時的に気まずくなっても、そのほうがお互いのためになる

勇気と決断力がいることだけれど、誠実に生きるってそういうことじゃないかな?

 
自分に対しても、正直になりたい
自分の気持ちをごまかさないで……

好きなものは好きって言う
やりたいことはやりたいって言う

辛い時は辛いって言う
傷ついたときは傷ついたって言う

うらやましいときにはうらやましい!って認める
悔しい時には悔しいって叫ぶ

言葉で「イエス」ていって笑っているのに、心では「ノー」だったり
本当は「ありがとう」って言いたいのに、意地を張ってしまったり……
人って心と言葉が裏腹なときがあるよね

でもそれって、自分も周りも不幸になってしまうから
できるだけ素直に正直に生きていきたい。難しくても……

 
 
「コアを発掘して、教えたい生徒が集まる教室」を作りませんか?

あなたのレッスンや生徒募集がうまくいかないのは、「コア」をうまく発信できていないから! 生徒募集やレッスンでお悩みのピアノの先生対象のコーチングを11年間で1200回以上実施。ピアノの先生の「本当にやりたいレッスン」を引き出し、「教えたい生徒」を引き寄せるお手伝いをいたします。あなたの「想い」のこもったホームページを作ることで、「本当に教えたい生徒」がどんどん増えて、毎日が充実します。あなたの想い=コアを発掘して、ホームページ、ブログ、動画などの形にしてみませんか?

さくらみきのサポートを受けたい方は、まずはメルマガをお受け取りください

メルマガ登録はバナーをクリック!


まずステップメールが届き、その後月1~2回、月曜日に定期メルマガが届きます

資料の販売も行っております
全売り上げを、被災地に寄付しています

販売ページはこちら

 
YouTubeチャンネルリニューアルしました
よければチャンネル登録お願いします

YouTubeチャンネルはバナーをクリック
YouTubeチャンネルはバナーをクリック

 
 

自分の課題を人に押しつけない・人の課題を解決しようと思わない・しあわせ力アップの法則・第24回

自分の課題を人に押しつけない・人の課題を解決しようと思わない・しあわせ力アップの法則・24

ピアノの先生のコアを創る!
さくらみきです

 
かつて私は「自分の課題」を人に押しつけていました

モヤモヤしている気持ちを相手に話すとき
相手がその気持ちを解決してくれると期待していたんです

無意識のうちに、人に、自分の感情を整理してくれることを期待していたんですね

自分の感情は自分で処理できないのは、大人になり切れていない証拠
今は反省して、まずは自分の心に手を当てて、感情を整理してから話をするようにしています

家族に対しても、生徒に対しても、友達に対しても……

 
ぎゃくに、人の課題をもらうのもやめようと決意

以前は誰かに感情をぶつけられたとき
それに引きずられて落ち込んだり、悩んだりしていたけれど

そういうのって、お互いのためにならないと気づき、やめました

あの人が怒っているのは、あの人の問題
気持ちに共感はしても、私が解決はしない

そういうスタンスでいたら、人に感情をぶつけられることが少なくなりました
(そういう人が寄ってこなくなったんだと思います)

「冷たい」と感じる人もいるかもしれないけれど

相手の感情を自分が何とかしようとするのは
結局相手が、自分の課題を自分で解決する邪魔をしていることになるから

愛と誠意をもって、「あなたの課題は自分でどうぞ」と、お返ししましょう(^_-)-☆

 
人を助けることは、いいことだけれど……相手が、自分でできることまで、取り上げないようにしよう

 
助けることが、本当にその人のためになるのか?
過度に依存されていないか、見極めよう。

 
そして、境界線を上手にひいて、「自分のすべきこと」「自分のすべきことではないこと」をしっかり分けよう

人の課題に巻き込まれすぎて、自分が疲れてしまったら、本当に大切な時に人を助けることはできないから

 

「本当に教えたい生徒の集まる教室」を作りませんか?

生徒募集やレッスンでお悩みのピアノの先生対象のコーチングを11年間で1200回以上実施。ピアノの先生の「本当にやりたいレッスン」を引き出し、「教えたい生徒」を引き寄せるお手伝いをいたします。あなたの「想い」のこもったホームページを作ることで、「本当に教えたい生徒」がどんどん増えて、毎日が充実します。あなたの想い=コアを発掘して、ホームページ、ブログ、動画などの形にしてみませんか?

さくらみきのサポートを受けたい方は、まずはメルマガをお受け取りください

メルマガ登録はバナーをクリック!
まずステップメールが届き、その後おおよそ毎週月曜日に定期メルマガが届きます

資料の販売も行っております

売り上げの一部を、被災地に寄付しています
(2019年度は売り上げ全額を寄付いたしました)
販売ページはこちら

YouTubeチャンネルリニューアルしました

よければチャンネル登録お願いします

バナーをクリックするとさくらのYouTubeチャンネルに飛びます

YouTubeチャンネルはバナーをクリック
YouTubeチャンネルはバナーをクリック

 

自分らしく居られる環境を自分で整えよう・しあわせ力アップの法則・第23回

自分らしく居られる環境を自分で整えよう・しあわせ力アップの法則・第23回

ピアノの先生のための・しあわせ力アップの法則

ピアノの先生のコアを創る!
さくらみきです

忘れたころにやってくる、しあわせ力アップの法則
今日は第23回です

しあわせ力アップの法則・23『自分らしくいられる環境を、自分で整えよう』

日々をただ、漫然と過ごしていませんか?

それとも、不安に駆られて行動していませんか?

こんな時代だからこそ、ちょっと立ち止まって、「心の声」に耳を傾けてみようよ!

不安だからやらない

不安だから行動してしまう、ではなく

自分で、自分が心地よくいられる環境を整えてみよう

自分が自分らしくいられるためには、何が必要か、考えてみよう

 
そんなにすぐには考えられない! そんなあなた、まずは「居心地悪い状態」を考えてみよう

さくらの場合は……
  • 道徳的に正しくないことをしている
  • 制約を受けている
  • 仕事量をコントロールできない
この3つが「居心地の悪い状態」

さくらは、人にうそをついている状態や、正しくないことをしているとき、とても居心地悪い。だから、人に対しては誠実にあろうとする。そうすることによって、心地よい状態になれる

人に縛られていると、息苦しいし、生き生きできない。だから自分でやり方を考えて、試行錯誤できる環境を整えることに、かなりの年月を費やした

忙しすぎるのがダメ。「本当にやりたいこと」を絞り、仕事量を自分でコントロールできる環境があってこそ、さくらは生き生きと何かを生み出すことができる

自分らしくいられる環境は、一人ひとり違う
あなたはどんなとき、自分らしくいられるでしょう?

 

本当に教えたい生徒の集まるホームページ

生徒募集やレッスンでお悩みのピアノの先生対象のコーチングを11年間で1200回以上実施。ピアノの先生の「本当にやりたいレッスン」を引き出し、「教えたい生徒」を引き寄せるお手伝いをいたします。あなたの「想い」のこもったホームページを作ることで、「本当に教えたい生徒」がどんどん増えて、毎日が充実します。あなたの想い=コアを発掘して、ホームページ、ブログ、動画などの形にしてみませんか?

さくらみきのサポートを受けたい方は、まずはメルマガをお受け取りください

メルマガ登録はバナーをクリック!


まずステップメールが届き、その後おおよそ毎週月曜日に定期メルマガが届きます

 

売り上げを寄付しています

資料の販売も行っております
売り上げの一部を、被災地に寄付しています
(2019年度は売り上げ全額を寄付いたしました)
販売ページはこちら

 
 

YouTubeチャンネルリニューアルしました

よければチャンネル登録お願いします

バナーをクリックするとさくらのYouTubeチャンネルに飛びます

YouTubeチャンネルはバナーをクリック
YouTubeチャンネルはバナーをクリック

 
 

他人の成功に学ぶ・しあわせ力アップの法則・第22回

他人の成功に学ぶ・しあわせ力アップの法則・第22回

ピアノの先生のための・しあわせ力アップの法則

ピアノの先生のコアを創る!
さくらみきです

毎週金曜日の更新(を目指している)しあわせ力アップの法則
今日は第22回です

前回の更新からかなり空いてしまいました;

しあわせ力アップの法則・22『他人の成功に学ぶ』

他人の成功がうらやましいのは、あたりまえ
それがよく知っている人、自分の身近にいる人なら、なおさら

そんな気持ちも受け止めつつ……

「あの人は、日頃どんなことに焦点をあてているんだろう」
「あの人は日頃、何を大事にしているんだろう」
「そのために、どんな行動をしているんだろう」

うまくいっている人の考え方や、大事にしているものを想像してみる
自分に取り入れられる考え方は、取り入れてみる
共感できる行動は、真似てみる

そんな行動の積み重ねが、しあわせを招きます

同じ出来事でも「感じ方」「とらえ方」をちょっと変えるだけで、その後の行動が変わってきます

行動が変われば、結果も変わります

それが1年、3年、5年……10年、20年と積み重なると、かなり大きなものになりますよ

うらやんでいる暇はない!

 

お知らせ

生徒募集やレッスンでお悩みのピアノの先生対象のコーチングを11年間で1200回以上実施。本当に教えたい生徒が集まる仕組みを一緒に作りませんか?あなたのレッスンと教室運営・生徒募集・ホームページ作成を丸ごとサポートします。

さくらみきのサポートを受けたい方は、まずはメルマガをお受け取りください

メルマガ登録はバナーをクリック!
まずステップメールが届き、その後おおよそ毎週月曜日に定期メルマガが届きます
https://39auto.biz/sakurapiano/touroku/sakuramiki.htm
資料の販売も行っております
売り上げの一部を、被災地に寄付しています
(2019年度は売り上げ全額を寄付いたしました)
販売ページはこちら

https://sakurapianocoach.stores.jp/
 

YouTubeチャンネルリニューアルしました

よければチャンネル登録お願いします

YouTubeチャンネルはバナーをクリック
YouTubeチャンネルはバナーをクリック

 

コア発掘・YouTubeチャンネルご案内

さくらみきのコア発掘・YouTubeチャンネルがリニューアルしました

これからどんどん動画を増やしていきますので、ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

さくらみきのコア発掘YouTubeチャンネルはこちら

現在、主にメルマガ特典として限定動画を発信しています

 

【現在のメルマガ特典動画】

★iPhoneでできるスライド動画初級編

★iPadでできるスライド動画初級編

★コア発掘&開花3ステップ・動画6点セット

  1. あなたのレッスンはなぜうまくいかないのか?
  2. 欲しい生徒だけに注目しても大丈夫?
  3. コアターゲットとはどんな生徒なのか?
  4. 先生と教室の価値を高める
  5. 尊敬ポジションの作り方
  6. 欲しい生徒が集まる発信とは

★ピアノの先生が知らないSEO対策・動画3点セット

  1. ホームページがインデックスされていない
  2. 検索順位が低い
  3. ホームページの内容に問題アリ
※予告動画は一般公開されています↓



その他、一般公開動画もどんどん増えています

ぜひ一度、のぞいてみてください!

よければチャンネル登録よろしくお願いします(^_-)-☆

YouTubeチャンネルはバナーをクリック

YouTubeチャンネルはバナーをクリック

 

資料配布一覧(2020年9月28日現在)

さくらみきのご提供する資料の一覧です

2020年9月末現在総ダウンロード数13000件突破!
 

【今までメルマガで無料配布した資料一覧】

メルマガ登録者特典です

すでに配布は終了しておりますが、また何かの機会に再配布するかもしれません
(セッションのクライアント様には、いつでも無料提供しております)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

★ホームページがあるのにお問い合わせゼロ(9月30日まで)
ダウンロード数100件突破!

★ソナタ形式の曲を分析してみよう
ダウンロード数110件突破!

★ソナチネってなあに?
ダウンロード数210件突破!

★Zoomでオンラインレッスン・困りごと解決編
ダウンロード数200件突破!

★Zoomでオンラインレッスン・PC版
ダウンロード数280件突破!

★Zoomでオンラインレッスン・スマホ版
ダウンロード数380件突破!

★Zoomでオンラインレッスン・指導者用PCでの登録
ダウンロード数400件突破!

★資料ダウンロード1万件突破記念・メール返信例
ダウンロード数180件突破!

★「ピアノの先生が誰にも聞けないお金の話・扶養編」
ダウンロード数1050件突破!

★「ピアノの先生が誰にも聞けないお金の話・確定申告編」
ダウンロード数1100件突破!

★「生徒募集に強くなる!HP内容リスト」
ダウンロード数370件突破!

★「生徒募集に強いブログの作り方」
ダウンロード数390件突破!

★「教室規約内容リスト」
ダウンロード数340件突破!

★「2020年年間予定表」
ダウンロード数280件突破!

 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【ホームページからの無料配布・実施中】

年間を通じて、お役立ちシートの無料ダウンロードもやっております

2020年9月末現在、下記の資料をご用意しています
不定期で増えていきます。ときどきのぞいてくださいね

★ネット上における個人情報の取り扱いについて
ダウンロード数190件突破!

★災害時及びインフルエンザに関する対応
ダウンロード数210件突破!

★所有楽器の状態・練習環境の確認
ダウンロード数200件突破!

★「週間レッスン時間」(1週間のレッスン時間割を書き込めるシート)
ダウンロード数280件突破!

★「ピアノ教室の価値を見直すシート」
ダウンロード数240件突破!

★「信念を発掘するシート」
ダウンロード数350件突破!

・生徒募集に強いブログの作り方 |簡易版
ダウンロード数270件突破!

・生徒募集に強いHP内容リスト |簡易版
ダウンロード数230件突破!

・教室規約内容リスト |簡易版
ダウンロード数240件突破!

・心を見つめるピアノレッスン |トライアル版
ダウンロード数190件突破!

・好きなこと・得意なこと発見シート
ダウンロード数140件突破!

・コアのあるピアノ教室・全チェックリスト
ダウンロード数420件突破!

・目標達成の達人 |簡易版
ダウンロード数150件突破!

・買い物リスト
ダウンロード数280件突破!

コア発掘のホームページ内「資料ダウンロード」からダウンロードしてください

 

【ステップメールからダウンロードできる資料】

 
★「あなたの心と体そして大切な家族とのあり方をみつめる」
ダウンロード数680件突破!

★「コア開花手順リスト」
ダウンロード数450件突破!

メルマガ登録をした際、最初に送られてくる7通のステップメールからダウンロードできます

 

【資料販売】

2020年9月現在、下記の3つを販売しております

★生徒募集に強いブログの作り方

★レッスン料を値上げする方法

★心を見つめるピアノレッスン

販売サイトはこちら

※2019年度は売り上げの全額を被災地に寄付いたしました

両資料ともに、トライアル版(無料で数ページ見ることができます)は
コア発掘のホームページにあります
※資料ダウンロードのページからご覧ください

 

今後の配布予定

●メルマガからの配布
メルマガ登録者1500名突破記念プレゼント……2021年?月ごろ!

 
 
●販売予定
storesでの資料販売……ホームページについての資料を準備中です

 
その他、配布期間が終了している資料も、随時再配布をしていきます!
メルマガからどうぞ!

 

ピアノの先生が知らないSEO対策 ホームページがあるのにお問い合わせがゼロ!3つの理由

「ホームページを作ったのにお問い合わせがゼロ!」 その原因と解決方法

※2020年12月4日・動画を一般公開しましたので、記事を修正しました(動画は記事の最下部にあります)

せっかく苦労してホームページを作ったのに、お問い合わせが全く来ない……悲しいですよね。

当記事では「ホームページを作ったのにお問い合わせがゼロ!」 その原因と解決方法を三つの切り口に分けて紹介しています。悩めるピアノの先生のお役に立てばうれしいです。

なお、Google関係の情報は2020年7月現在のものとなっております。こういった情報は年々アップデートされていますので、常に最新情報を調べて活用するようにしてください。

※当記事の内容をさらに詳しく解説した資料はメルマガから入手できます

メルマガ登録はコチラから

まずステップメールが届き、その後月1~2回、月曜日に定期メルマガが届きます

 

ホームページがあるのにお問い合わせがゼロ! 主な理由は3つ!

 
  1. ホームページが検索ロボットにみつけられていない(インデックスされていない)
  2. 検索順位が低い
  3. ホームページ内容に問題がある
 
 

1.ホームページが検索ロボットにみつけられていない(インデックスされていない)

そもそもホームページというのは、ネット上に公開しただけでは、すぐに検索には出てこないため、URLを直接打ち込むかURLが紹介されてるリンクからたどる以外にホームページを見つける方法はありません。

「検索」というのは、キーワードを検索エンジンの検索窓にいれて探していくという方法です

この方法であなたのホームページを見つけてもらうには、まず「Googleなどの検索エンジン」にインデックスされている必要があります。

Googleインデックスの仕組みは……

  1. 検索ロボットがネット上を巡回して情報を収集
  2. ホームページがGoogleのデータベースに登録される
  3. 検索順位の決定
この3つの過程を経てあなたのホームページが検索で出てくるようになるというわけです。

この「ホームページを検索ロボットがめぐってきてデータベースに登録」され「検索できるような状態」になるまで数週間から数か月かかるといわれています。

検索ロボットはリンクをたどってやってきますので、ホームページを作成したら、検索サイトなどに登録して、外部のページからリンクを張るようにしましょう

 
また、こちらからGoogleに「サイト提出」をするという手もあります。
Googleが提供している、サーチコンソールという機能からすることもできますので興味のある方は調べてみてください。

ちなみにWIXの有料版でホームページを作った時には、「Googleにサイトを提出」という機能があります。さくらがホームページ作成をお手伝いしているクライアント様で有料版を契約した方は、そちらでやってもらうようにしています。

Googleにホームページを作ったことをいち早くお知らせするので、Googleの検索ロボットがリンクをたどってくるよりも早くきてくれる可能性が上がります。もし早くサイトをインデックスしてほしいという方は頑張ってやってみてください。

 
~インデックス確認方法~

自分のホームページがインデックスされているかどうかを確認する方法……それはインターネットの検索エンジンの検索窓に

Site:あなたのホームページのURL

を入力して、検索することです。

そのとき、自分のホームページが検索結果に出るようでしたら、あなたのホームページはすでにインデックスされています。

自分のホームページが検索結果に出てこない場合は、「インデックスされていない」というわけです。

では、「インデックスされていない」状態が、なぜ起こるのでしょうか。

 
~なぜインデックスされていないのか~

1つ目は単純に作って日が浅いので検索ロボットが来ていないということです。それでしたらまだいいのですが、

2つ目、あなたのホームページがGoogleからペナルティをうけている、という場合があります。

ホームページ作成においてどういう行為がペナルティになるか、それはGoogleが公表しています。「品質に関するガイドライン」です。

ホームページを作成するにあたって、やってはいけないことが書かれています。詳しくは「品質に関するガイドライン」をご覧ください。

ピアノの先生がホームページを作る場合、ここに書かれたような、あざといことはやらないと思いますが、何も知らないがゆえに、うっかりやってしまうこともあります。とくに以下の3つに気をつけてください

キーワードの乱用
キーワードを不自然に、ホームページの文中にも埋め込んでしまう行為

無断複製されたコンテンツ
他のホームページに書かれている内容をコピーして、それをそのまま丸ごと自分のホームページにはり付けて、自分のものとして発表してしまう行為。これは著作権侵害にあたります

重複コンテンツ
自分のホームページ内に、同じような内容のページが複数あるのはアウトです。「似たような内容なページ」、それが多数ある、それも、ペナルティになることがあります

そしてペナルティをGoogleから受けてしまうと……ホームページが存在しているのに検索に出てこない、という非常にまずいことになってしまいます。そうするとホームページを見つけてもらえないので、お問い合わせが来るどころではないですよね。

もしホームページをつくって公開してから、半年も一年もたつのになかなかインデックスされないとか、一定期間検索結果に出てきていたのに急に出なくなってしまったとか、そういったことがあった場合ペナルティを疑ってみましょう。

そしてその原因となるものを、先ほどご紹介した「品質に関するガイドライン」をお読みになり、該当する箇所を見つけて直ちに訂正してください。

次からは2つ目の理由「検索順位が低い」です。

 

2.検索順位が低い

ピアノ教室を探す場合は、たいてい「地区名」+「ピアノ教室」というキーワードで検索すると思いますが、ホームページを見てもらえて、お問い合わせまでつながるには、検索結果の1ページ目から3ページ目くらいに出るのが理想です。

ですが、作ったばかりのホームページは、たとえインデックスされても、いきなり1~3ページ目に表示されることはありません(ホームページの少ない地域でしたら別かもしれませんが)。

ではどうすれば検索順位を上げることができるのか。

検索順位を上げる対策のことをSEO対策(検索エンジン最適化)といいます。

 
検索順位を上げる極意はたくさんありますが、今日はそのうちの3つをご紹介します。

 
1.キーワードをサイト名とサイト内容に含める
 
インターネットでピアノ教室を探したいときは、だいたいキーワードとしてはピアノ教室を探したい場所の「地域名」、そして「ピアノ教室、または音楽教室」などのキーワードをいれて検索すると思います。

あなたの地域でピアノ教室を探している方が、検索窓に入れると予測されるキーワードを
必ずサイト名と、サイト内容に含めましょう

「サイト名」をホームページを作るときに入れる方法は、お使いになっているホームページ作成ソフトやホームページ作成ツールによって違うのですが、例えばさくらの推奨する「WIX」で作るときには、「検索エンジンに表示するタイトル」という部分でサイト名を設定することができます。

また、ホームページの内容(テキストなどの文章)に、「ピアノ」あるいは「ピアノ教室」、こういう言葉を自然な感じで複数入れ込みましょう。

前述した「ペナルティ」の項で、「キーワードを文中に不自然に埋め込むことは、ペナルティの対象になるのでやめましょう」と書きましたが、自然にピアノ教室という言葉が文中に入っているのであればオッケーです。

また、検索キーワードは2つだけじゃなくても大丈夫です。3つは想定しておいてもいいのかなと思います。

 
2.モバイル対応をする
 
では次に検索順位をあげる極意の2つ目。モバイル対応についてご説明したいと思います。
2015年に、Googleが「モバイル対応をしているかどうかを、検索順位を決めるときに重要視する」と発表しました。

特にスマホからホームページを検索する場合、スマホからも見やすいホームページ作りをしているホームページは、スマホでの検索順位が上がります。

最近のホームページ作成ツールなどでは、パソコン版ホームページを作成した場合、自動的にモバイル版(スマホ版)のほうも作成される、あるいは自動でスマホにふさわしい表示に変換してくれる、そういったシステムを持つホームページ作成ツールが多くなっています。

ですが、5年10年前に作ったホームページはモバイル対応をしていない場合が多いので、一昔前に作ったホームページの場合、ご自分のホームページをスマホで確認してみてください。

 
3.動画を増やす
 
さくらはクライアント様にSEO対策を指導する場合、もう5~6年前からずっと「ホームページに動画を載せましょう」と勧めてきましたが、2020年現在、もはや、ただ単に「ホームページに動画をたくさん掲載する」という問題だけでは、なくなってきています。

動画といっていますけども、ずばりYouTubeです。

YouTubeというのは実はGoogleの傘下です。ですので、その傘下にあるYouTubeは当然検索に有利に働くということは想像できますよね。

このように今、動画の重要性がどんどん高まってきています。動画でのSEOをVSEOといいます

が、「VSEOがGoogleの検索に有利になる」その傾向は、年が進んでいくにつれて、どんどん顕著になっていきます。なのでそうなってしまってから急に慌てて「動画をやろう!」というのでは手遅れなので、まだ動画に着手していない方は、まずYouTubeにチャンネルをもって動画を投稿していってください。

ちなみに、さくらのセッションでは、今後は動画戦略VSEOを多めに含んでいく予定です。

 
ホームページがあるのにお問い合わせゼロ・理由の3つ目

3.ホームページの内容に問題がある

「ホームページがあるのにお問い合わせがゼロ」原因の最後になります。

インデックスされていて検索順位もそこそこ高いのにお問い合わせがこない、その原因は、ホームページの内容に問題があるからです。

本項では、考えられる原因を、2つに分けて解説していきます。

 
1.導線が悪い
 
  • ホームページがごちゃごちゃしてわかりにくい
  • 次にどこに行けばいいかわからない
  • お問い合わせしたいのに連絡先が見つからない
ホームページの導線が悪いとせっかく内容が良くても、お問い合わせにつながりません。

 
↑このようなホームページをよく見かけます。無計画にページを増やしてしまい、導線を考えていないため、閲覧者にストレスを与えます。

3本目の動画では、さくらのピアノ教室を例にとって、導線について詳しく説明していますが、こちらでも、簡単に導線についてご説明します。

 
★ホームページのメニューを整理しよう!
 
メニューを絞るとは=ページ数を絞るということです。できるだけページ数を絞って、必要最低限のメニューを作るようにしましょう

↓このように、メニュー(ページ数)の多いホームページは導線を作りにくい!

 
メニュー(ページ)が整理されていると

↓「わかりやすい導線」が作れる!

 
どんなメニューを作り、どの順番でページを読んでほしいのかはそれぞれの先生のお考えにもよると思いますので、じっくり考えてみてください。

なお、メルマガから期間限定(2020年8~9月)で配布している資料では、導線の作り方をさらに詳しくご説明しています。(メルマガ登録はコチラ

 
2.内容が悪い
 
次に内容そのものの問題に行きます。

 
★文章がわかりにくい
書いてある内容はすごくいいのに、読む気にならない。こういったホームページをよく見かけます。主な原因は

書きたいことをすべて詰めこんでいるから!

です。

ホームページはあくまで、閲覧者のため。そう思って、入れる内容を絞ってみましょう。コアとなる部分だけを残し、あとはいさぎよく削ってしまいましょう!

「え?これだけ?」と思うくらいがちょうどいいかもしれません。

これは、分量を少なくするということではありません。あくまで「内容を絞る」んです。本当に言いたいことを絞り、それについて詳しく書いていくんです。

1つのことを詳しく書いていけば、内容の飛躍はさけられます。

そしてもう一つ。文章を書く場合、相手に理解してもらうのではなくてイメージしてもらうという気持ちで書いてみてください。説明部分はできるだけカットし、メリットだけを簡潔に書いてください。そうすれば、長々としたわかりにくい文章にはならないとおもいます。

 
ご自分のホームページの内容をチェックして、

 
  • 説明しているだけの文章なのか
  • それともイメージできる文章なのか
よく検討してみてください。

★内容そのものに魅力がない
 
ピアノを習いたい生徒さんにとって魅力がない内容のホームページでは、お問い合わせにつながりません。

さくらが提唱するのは、ピアノを習いたいすべての人に向けて書くのではなく、あなたの本当に教えたい生徒さんが魅力に感じる内容、そちらを突き詰めて書いていただきたいということ。前項と、言っていることは同じですね。そのほうが、ピンポイントで、ほしい生徒さんの心に刺さります。

お問い合わせのないホームページは、通り一遍のことしか書いていないケースが多いです。なのでぜひ、あなたの教えたい生徒さんの心に響く内容を追及して書いてみてください。

ホームページを作るにあたって書く内容を考えるのが一番大変です。
このシリーズの前半は、SEOについてさんざん解説していきましたけども、実のところ一番大事なのはホームページの内容になります。
さくらのセッションでも、ホームページ内容作成には、かなり時間をかけます。

 
  • あなたの教えたい生徒さんはどんな生徒さんなのか
  • その生徒さんを引き寄せるためにはどういう内容をホームページに書いていけばいいいのか
上記について、ぜひ時間をとってじっくり考えてみてください。

なお、「イメージしやすいライティング」「ほしい生徒を引き寄せるホームページ内容づくり」に関しては、また別の機会に書いていきたいと思っています。

あなたのホームページに、たくさんお問い合わせが来ますように……

 
上記内容を動画でもご覧になれます

 
1.ホームページがインデックスされていない



2.検索順位が低い



 
3.ホームページ内容に問題がある



※当記事の内容をさらに詳しく解説した資料はメルマガから入手できます

メルマガ登録はコチラから

まずステップメールが届き、その後月1~2回、月曜日に定期メルマガが届きます

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 
  • ホームページ関連について
  • 生徒募集関連について
  • レッスンについて
  • 規約について
さくらにご質問がありましたらメールマガジンのほうからお寄せください。メルマガから、あるいは動画にて、回答させていただきます。



 

ピアノ教室にホームページが必要な3つの理由

ピアノ教室に、ホームページが必要な3つの理由

ピアノの先生のコアを創る!
さくらみきです

※2020年9月18日・動画を追加したため、最新記事にあげました

今日は、「ピアノ教室にホームページが必要な3つの理由」について書いていきます

それは……

 
  1. あなたのピアノ教室の認知度があがるから

  2. あなた自身の考えを整理することができる

  3. あなたが教えたいコアな生徒があつまりやすくなるから

 
1つずつ解説します

 

1.あなたのピアノ教室の認知度があがるから

 
あるときこんなことがありました

さくらのピアノ教室に体験レッスンに来たお子さんがいたのですが
お母様がこんなことをおっしゃいました

 
「この地域には、さくらピアノ教室しか、ピアノ教室が見つからなかった」
 
この言葉を聞いたとき、不思議に思いました

さくらのピアノ教室の近所には、他にもピアノ教室はたくさんあります

なのにどうして、このお母様は、他のピアノ教室を見つけられなかったのでしょう?

 
それは……

他のピアノ教室が、ホームページを持っていなかったから!
 
でも、ピアノ教室を探す手段は、ホームページだけではないですよね?
学校のお友達に聞いたり、看板をみたり……リアルでも、いくらでもピアノ教室を探す手段はあります

ここで問題になるのは、

「リアルではなく、ネットで習い事を探す人が増えている」
ということ!

地域柄にもよりますが、これからどんどん、その傾向は全国に広がってくるでしょう

もし、あなたの住む地域に、他にホームページを持つピアノ教室が少なければ……ホームページを持つチャンスです!

もし、すでにホームページをお持ちであれば、こまめに更新をして、検索順位を上げる努力をしてくださいね

どちらにしても、内容の質が良いことが最低条件です!

 

2.あなた自身の考えを整理することができる

 
ホームページを作るからには、「内容」を考えて入れていかなければなりません

ひとくちに「内容」といっても、指導方針だったり、指導内容だったり、レッスン料金だったり、イベント内容だったり、体験レッスンの募集だったり……それは多岐にわたります

これをただ、長い文章で書いていくとわかりにくいホームページになってしまいますので、カテゴリーに分けて整理し、要点を絞って提示していかなければなりません

これは、けっこうむずかしいことです

でも、こういう機会でもなければ、ピアノ教室についてまとめる機会は少ないと思います

ホームページ作成をきっかけに、自分の教室に対する考えを整理することができる……
これも、ホームページを作るメリットですね^^

 

3.あなたが教えたいコアな生徒があつまりやすくなるから

 
コアな生徒とは「あなたのやりたいレッスンを受け取ってくれる生徒」のこと!

どんな生徒が「コアな生徒」になるのかは、先生によって違いますので

ホームページをつくる前に、あなたにとっての「コアな生徒」はどんな生徒なのかを考えておきましょう

 
そして、それだけではなく、その生徒が喜ぶ「ウリ」を明確に!

大事なのは、「ピアノを習いたいすべての人が喜ぶウリ」ではなく「コアな生徒が喜ぶウリ」を書いていくことです

リアルで生徒募集をしていた時代は、「通える範囲ならどんな方でもOK」という募集方法が主流でした

そのような募集方法が主流の時代には「ピアノを習いたいすべての人が喜ぶウリ」を宣伝することで、より生徒が集まりやすくなりました

 
  • 料金の安さ
  • ワンレッスンだけでも習える
  • 楽しくレッスンできる
  • ピアノがなくても習える
  • 好きな曲で習える
などですね

ですがインターネットで遠方の方にも、あなたのピアノ教室を認知してもらえる時代……

ホームページ等で「うちの教室のウリはこれです!」を発信していくことによって、「少し遠いけれどコアな生徒」も、あなたの教室を発見し、通ってくれる可能性もでてきました

「ウリ」をはっきり明記したホームページを作ることで、あなたにとっての「コアな生徒」が集まりやすくなったわけです

かなりハッキリ書けば書くほど、集まる人数は少なくても、ばっちりコアな生徒だけが集まるようになります

もう少し人数が欲しい……という場合は、ハードルを少し下げてみます

ホームページの書き方ひとつで、どんな生徒が集まるのか全然違います

この辺りは匙加減ですね(^_-)-☆

 

動画でも配信しています

 
ピアノ教室にホームぺージが必要な3つの理由

いかがでしたか?

同じ内容を動画でも配信しています(動画は3つに分かれています)

ピアノ教室にホームページが必要な3つの理由その1「あなたのピアノ教室の認知度があがるから」



 

ピアノ教室にホームページが必要な3つの理由その2「あなた自身の考えを整理することができるから」


ピアノ教室にホームページが必要な3つの理由その3「あなたが教えたいコアな生徒があつまりやすくなるから」



チャンネル登録もよろしくね!

 
メルマガもよろしく!

メルマガ登録はバナーをクリック!
まずステップメールが7日間届きます
定期メルマガでしか観られない限定動画もあります
定期メルマガは不定期の月曜日に配信しています


 

さくらみきとお話ししませんか?

  • コアを見つけて、今後の方向性を考えたいピアノの先生
  • 生徒が成長しないとお悩みのピアノの先生
さくらと一緒に、今後のピアノ教室のあり方を模索する「Zoomによる90分間の体験セッション」を受けてみませんか?

※体験受講のみでもかまいません
※その後、継続セッションにお申込みいただいた方は、体験セッション料が無料になります

詳細確認・お申し込みはメルマガからどうぞ

 
資料の販売も行っております
売り上げの一部を、被災地に寄付しています
(2019年度は売り上げ全額を寄付いたしました)
販売ページはこちら