ピアノの先生は何を学ぶべき?

こちらのブログもどうぞよろしくお願いいたします

ピアノの先生のコアを創る!
さくらみきです

長らくアメーバブログで記事を書いてきましたが
この度、ワードプレスに移行しました

記事の移行が面倒なので、アメブロの記事は当分そのままにしておきます

これから新規記事は、こちらに書いていきますので
どうぞよろしくお願いいたします

広告

さて

今日のテーマは

「ピアノの先生は何を学ぶべきか」

個人でピアノ教室を開業しているピアノの先生にとって
永遠のテーマですよね

詳しくは今後も書いていきますが
さくらは「ピアノの先生が学ぶべきこと」は大きく2つに分かれると思っています

それは……

1「ピアノ演奏・指導についての知識と技術」
2「教室運営について」

1については
音楽に関することすべて、といっても過言ではなく
たいへん広く深いものになります

興味のおもむくままに学んでも良し
今の自分に足りないものを学ぶのも良し……

 
スポンサーリンク

何を基準に選ぶのか?

 
さくらの学ぶ基準は
「自分にとってのコアな生徒に役に立つもの」を中心に
選び取りながら学んでいます

さくらにとっての「コアな生徒」とは
「音楽が好き」「好きな曲をピアノ弾けるようになりたい」
「家族で音楽を楽しんでいる」
そんな生徒さん

そんな、コアな生徒さんの興味が広がればと思い
今年は
生徒に月1回、いろいろなジャンルの音楽を聴かせる時間をレッスンに取り入れました

そのため去年は一年かけて
幅広いジャンルの中から、お勧め曲を探してリスト化しました

これが、最近のさくらの「ピアノ演奏・指導についての知識と技術」の学び、になります

演奏面では
レッスン前の30分~2時間程度を、ピアノを弾く時間に決めていて
最近までは連弾コンサートの曲を練習してましたが
今は、生徒がクリスマスコンサートで弾く曲を選曲しつつ
軽く練習している感じです

2の「教室運営について」は
今はいろいろな講座があって
学び始めるとキリがないですし
何が正しくて
何が余計なものなのか
迷うところです

さくらの場合は
教室運営は、「自分にとって良いレッスンができる環境づくり」が一番大事だと思っているので
数年かけて、システム化をしました

ホームページを作る
ブログを作る
規約を作る
レッスンカリキュラムを作る
生徒募集の流れを決めておく
イベントの開催の流れを決めておくなどなど……

最低限のものが整ったら
後は最新の情報を軽く調べておく程度にしています
教室運営に関しては、流行りすたりもありますので
あたらしいものも、直ぐには取り入れないようにしています

「ピアノの先生の学び」と銘打った記事でしたが
学ぶことはけっして
誰かに何かを教わるだけではないと思うんです

ピアノの先生は
既にいろいろなことを学んでいます

自分の中で消化して整理して
何が必要なのかがわかれば
足りないものは書籍やネットでインプットすればじゅうぶんです^^

それに掛ける時間やエネルギーをどう配分するのかが
実は一番大変なのではないでしょうか?

機会がありましたら、「学び」については
さらに詳しく書いていこうと思います^^

 

新たな学びをはじめました

 
余談ですが
新たな学びとして
心理学の勉強を始めました

実は8月18日に
はじめて心理学検定を受けます

前から興味があったのですが
とあるきっかけで今年受験することにしました

「○○心理学」と名付けられた心理学は
何かと話題にあがりますが
ガチガチの心理学はけっこう難解です;

でも、人を指導する立場である以上
心理学は大切だと思っているので
もっと生徒たちの役に立つよう
固まった頭を絞ってがんばります!

心理学とピアノのレッスンを絡めて
何かお伝えできることがあれば
今後このブログでお伝えしていきます

今はまだ、学ぶので精一杯です^^;
さくらみき
さくらみき
さくらみきです。ピアノの先生のコアを創るサポートを10年以上、1200時間以上のセッションを行っています。あなたのコアはなんですか? 思い通りのレッスンはできていますか? 本当に教えたい生徒は集まっていますか? あなたの秘めた想いを言葉にして「本当に教えたい生徒」を引き寄せるサポートをいたします。ぜひ当ブログをお読みくださいませ! 直接さくらから情報を受け取りたい方は、メールマガジンにご登録ください。 https://39auto.biz/sakurapiano/touroku/sakuramiki.htm 7通のステップメールも同時登録されます。定期メルマガは一週間に1回のペースで発行しています^^