ピアノの先生は生徒に何を残せるのか

【生徒に何を残せるのか】

台風や地震など、大きな災害が身近になり、いろいろ考えさせられます
家や生活や思い出の品を失った方々の痛みは、どれほどかと思います

もし私が、住む家や、大事な品物や、思い出の場所や、ピアノ教室を含め築き上げてきた何もかもを失って、身一つになったとしたら……と、考えてみました

もちろん、その時感じるであろう痛みや苦しみは、想像もできません

何もかも失って、持つものが、その命だけになったとき……

人の中に残るのは、「思い」と「つながり」と「身に着けた技」だけになるでしょう

そのうちの「つながり」については、今日の話の趣旨とずれるので、横におかせていただきますが

こと、音楽にだけ関して、残された「思い」というのは、「あの曲を聴くと元気になる」とか「ああ、やっぱりピアノの音って好きだな~」とか
「きっとまたいつか、ピアノを楽しめる環境に戻れるようになりたい!」という希望です

そして「身に着けた技……「ピアノを弾くことができる」という技術は、モノを失っても失うことはないと思うんです

私たち、ピアノ指導者は、子どもたちの人生の一時期を一緒に過ごし、ピアノを教えますが
モノを売る仕事ではないので、ハッキリとした形のあるものを残すことはできません

生徒が思うように集まらなかったり、せっかく育てた生徒が辞めてしまったとき……「人に必要とされる『モノ』を作れる人ってすごいな、いいな、それに比べて、ピアノを教える仕事は、成果が見えにくいから、ちょっと不景気になると、必要とされなくなる」

落ち込んでそう思ったことも、かつてありました

でも、何もかも失っても残る「思い」や「技」を、時間をかけて生徒たちに身に着けてもらえるこの仕事って、すっごく尊くて素敵だなと、改めて感じました

こんな時代だからこそ、目には見えないけれど、成果は見えにくいけれど、「音楽っていいよ!」「ピアノが弾けるって素敵だよ!」そういったことを、長い時間をかけて生徒たちの中に残していきたいと思います

さくらみき
さくらみき
さくらみきです。ピアノの先生のコアを創るサポートを10年以上、1200時間以上のセッションを行っています。あなたのコアはなんですか? 思い通りのレッスンはできていますか? 本当に教えたい生徒は集まっていますか? あなたの秘めた想いを言葉にして「本当に教えたい生徒」を引き寄せるサポートをいたします。ぜひ当ブログをお読みくださいませ! 直接さくらから情報を受け取りたい方は、メールマガジンにご登録ください。 https://39auto.biz/sakurapiano/touroku/sakuramiki.htm 7通のステップメールも同時登録されます。定期メルマガは一週間に1回のペースで発行しています^^