余分なことをしない・しあわせ力アップの法則・第13回

ピアノの先生のための・しあわせ力アップの法則

ピアノの先生のコアを創る!
さくらみきです

毎週金曜日の更新(を目指している)しあわせ力アップの法則
今日は第13回です

広告

 

しあわせ力アップの法則・13『余分なことをしない』

いろいろなことを抱えすぎて、重たくなっていませんか?

「あるいは、忙しい割には充実感がない」そう感じていませんか?

 
  • みんなもやってるから、やっておいたほうがいいんじゃないか?
  • これをやらないと置いていかれそうで不安……
  • これをやれば、なんとなく周りに恰好がつく。いいカッコができる
  • コンプレックスを解消するためにやる
自分の気持ちを満たすために「何かをやる」……
そういう習慣がついていると、いつまでたっても「満たされない」もの

それは……自分以外の誰かに、なんらかの反応を求めているから

自分の気持ちを自分で満たすのではなく「周りの反応」で自分を満たしているから

 
実際の反応じゃなくて、人の反応を自分の中で妄想してしまっているケースもあります

そんな気持ちが「これをやっておけば安心」「みんなもやっているから」につながるんですね

自分の欠如を他人の反応で満たそうとするから、何をやっても完全に満たされないんです

だから、また新しいことをやってしまう
そして重くなり、身動きが取れなくなる

本当にやりたいことが分からなくなる

それはとっても不自由な状態ですよね

 
スポンサーリンク

やることをどんどん増やしてしまうピアノの先生

 
何か新しいことを始めるときには、自分に問いかけて!

「誰からも認められなくても、それがやりたい?」
「何となく楽しそう」「やってみたい」そういう気持ちが大事なんです

そういうことだったら、どんどんやってみればいい
自分に合うかどうかは、やってみなくちゃわからない
(合わなければやめてもいいんだし)

 

セミナージプシー(学び中毒)になっていませんか?

セミナージプシー(学び中毒)になるピアノの先生には2パターン

1・自分に自信がなく、欠如を埋めるため
2・次々に新しいことに興味が湧いてくるから

セッションでもセミナージプシー気味の先生からご相談を受けますが、「2」のパターンの場合は、ご自身の教室の状況を振り返ってもらい、方向性を絞ればだいたいOK

「1」のパターンの場合は、教室の状況というよりも、その先生自身の心の問題について、話し合っていきます

学ぶために「やること」を増やすのは、悪いことではないけれど……

いろいろなことを抱えすぎて、重たいと感じていたなら、自分がどちらのパターンなのか振り返って、「やること」を整理してみてください

きっとすっきりして、新たな気持ちで前に進めると思います(^_-)-☆

 

それでも解決できないピアノの先生

 
生徒募集やレッスンでお悩みのピアノの先生対象のコーチングを11年間で1200回以上実施。本当に教えたい生徒が集まる仕組みを一緒に作りませんか?あなたのレッスンと教室運営・生徒募集・ホームページ作成を丸ごとサポートします。

さくらみきのサポートを受けたい方は、まずはメルマガをお受け取りください

メルマガ登録はバナーをクリック!

さくらみき
さくらみき
さくらみきです。ピアノの先生のコアを創るサポートを10年以上、1200時間以上のセッションを行っています。あなたのコアはなんですか? 思い通りのレッスンはできていますか? 本当に教えたい生徒は集まっていますか? あなたの秘めた想いを言葉にして「本当に教えたい生徒」を引き寄せるサポートをいたします。ぜひ当ブログをお読みくださいませ! 直接さくらから情報を受け取りたい方は、メールマガジンにご登録ください。 7通のステップメールも同時登録されます。定期メルマガは一週間に1回のペースで発行しています^^