ピアノ教室 生徒・保護者との信頼関係を築くコツ

ピアノ教室 生徒・保護者との信頼関係を築くコツ

ピアノの先生のコアを創る!
さくらみきです

生徒・保護者との信頼関係を築くコツ

以前の記事で、今ピアノの先生がやっておくべきことのリストをご紹介しました

その筆頭が、「生徒、保護者との信頼関係の構築」だったのですが、ご記憶でしょうか?

今、ピアノの先生がやっておくべきことリスト
  • 生徒、保護者との信頼関係の構築
  • 自身のやりたいレッスンの見直し(コアの発掘)
  • レッスン内容の精査
  • 新たなレッスンの工夫
  • 知識を深める
  • ブログでの発信→コアな生徒に来ていただくためにも……
  • ホームページの開設→すでにお持ちの方は、よりよい内容へ修正
  • 動画のアップロード→必須だと思います
  • オンライン環境を整える(オンライン・レッスン含む)
元の記事はコチラです↓
「ピアノ教室、大・淘汰時代がやってくる!?」

 
「生徒、保護者との信頼関係の構築」
これ、超大事です
スポンサーリンク

以前、こんな新聞記事を見つけました

「わが子の通っているピアノ教室がオンラインレッスンに切り替わったが、音質などの環境が悪い。休会を希望したが半額レッスン料を請求され、納得がいかない」
 
新聞等にピアノ教室関連の悪い話題が出されると、ちょっとドッキリします;

休会中はレッスン料をいただくのか、いただかないのか、どちらが正しいのか?
その答えをここで出すつもりはありません

それはピアノの先生それぞれのお考えでいいと思います

ただし、あらかじめ「合意」を取っておくことが大事

そしてそういう事態になったとき、納得いただけるまできちんとご説明していくことが大事ですよね

それが、「指導者への信頼」につながります

 
  • きちんとした規約もない
  • 規約があっても、あらかじめ合意がない
  • 何かあったときにきちんとした説明もない
そんな状態では、生徒・保護者様の信頼を得ることは難しいです

偉そうに書いてますが、さくら自身も、「信頼関係」に関しては、いろいろ苦い思いや、後悔をしてきました

そんな中、学んだことは

・日ごろの言動に統一感を持たせること(コアを定めておき、簡単に規約をグラグラさせない)

・なんでも「いいですよ~」と安請け合いをして、過剰な期待をさせないこと(大きな期待を裏切られた時が、一番落胆される)

・こちらに非があるときは素直に謝ること

・相手に非があるときは、こちらの配慮不足をお詫びしてから、丁寧に事情を聴くこと

などです

「信頼関係」という目に見えないものは、築くには時間がかかり、失うときは一瞬!

いいレッスン、いい教室運営をするためにも、特に気をつけたいですね
(自戒も含めて書いてみました)

***************************************

ピアノレッスンや教室運営でお困りの方はご相談ください↓

これからのピアノ教室運営やレッスンについて、ひとりでお悩みの方は、さくらがお手伝いします

 

さくらみきとお話ししませんか?

  • コアを見つけて、今後の方向性を考えたいピアノの先生
  • 生徒が成長しないとお悩みのピアノの先生
さくらと一緒に、今後のピアノ教室のあり方を模索する「Zoomによる90分間の体験セッション」を受けてみませんか?

※体験受講のみでもかまいません
※その後、継続セッションにお申込みいただいた方は、体験セッション料が無料になります

詳細確認・お申し込みはメルマガからどうぞ

メルマガご登録はバナーをクリック!(2020年6月より、メルマガと同じ内容を動画でも発信しています。詳しくはメルマガから!)


登録後、まずはステップメールが届きます
定期メルマガは不定期で、月曜日に発行です

資料の販売も行っております
売り上げの一部を、被災地に寄付しています
(2019年度は売り上げ全額を寄付いたしました)
販売ページはこちら

 
 
さくらみき
さくらみき
さくらみきです。ピアノの先生のコアを創るサポートを10年以上、1200時間以上のセッションを行っています。あなたのコアはなんですか? 思い通りのレッスンはできていますか? 本当に教えたい生徒は集まっていますか? あなたの秘めた想いを言葉にして「本当に教えたい生徒」を引き寄せるサポートをいたします。ぜひ当ブログをお読みくださいませ! 直接さくらから情報を受け取りたい方は、メールマガジンにご登録ください。 7通のステップメールも同時登録されます。定期メルマガは一週間に1回のペースで発行しています^^